愛知県内で建設業許可申請を取得するなら建設業経験豊富な行政書士へ

愛人に全財産を相続する遺言書あるが妻子は、あきらめるほかないか?

民法第1028条、1031条において、兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分を受け取ることが出来ます。  その割合は、

1. 直系尊属のみが相続人である場合・・被相続人の財産の3分の1

2. それ以外の場合・・2分の1

但し遺留分侵害が判明したら、他の受遺者に対し「遺留分の減殺請求」をしなければなりません。

それと期限があり要注意です。

1. 遺留分侵害を知った日から、1年以内に行う。

2. また相続開始から10年経過すると、無条件で遺留分減殺の請求権は消滅します。

お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 建設業に強い行政書士 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.