愛知県内で建設業許可申請を取得するなら建設業経験豊富な行政書士へ

NPO法人設立のメリット・デメリット

NPO法人設立のメリット・デメリット

NPO法人設立のメリットとデメリットについては以下を参照してください。

NPO法人設立のメリット

1.社会的信用が高まる

個人や任意団体としての活動より、所管庁の「認証」を受け設立されたNPO法人としての活動の方が、相手方に信頼・安心感を与えることができます。

2.法人名による契約ができる

NPO法人では、法人名による登記ができるので、 社会的な信用が高まります。任意団体では、各種契約(例えば、銀行口座の名義など)の際には、代表者個人の名前で契約などすることになります(団体名での契約や登記ができません)。

3.優秀な人材を集めることができる

個人よりも法人の方が社会的な信頼がありますので、優秀な人材を確保しやすくなります。人材確保は、事業を行う上で非常に重要です。また、雇用される従業員にとっても、法人に勤務する方が、個人事務所に勤務するよりも安心でき、勤労意欲も高まると言えます。

4.寄付金が集めやすい

公的な組織であるNPO法人であれば、信用が高まりますので、趣旨に賛同して「スポンサー」に寄付を依頼する際に、アピールになります

任意団体では、寄付金を募るのも困難ですし、たとえ趣旨に賛同してくれたとしても、個人名義の口座に振り込むのでは、スポンサーにとっても寄付するのに躊躇するかもしれません。

5.事業委託・補助金が受けやすい

行政からの委託事業や補助金は、責任の所在を明らかにするため対象を法人に限定していますので、任意団体よりも有利です

NPO法人として認証されたことは、ある意味でお墨付きをもらうようなものですので、任意団体よりも活動の幅が寛学可能性が高いと言えます。NPO法人自体の認知度も高まってきており、認証を受けることで信用が高まることは間違いないでしょう。

 

NPO法人設立のデメリット

1.機敏な活動が難しい場合もある

NPO法人では、運営を決定していくに当たり、一定の手続きが必要となる場合が出てきます。例えば、事業内容を変更する場合、定款の変更が必要になりますが、変更は総会の決議を必要とし、変更ないようによっては所轄庁の認証を得るという手続きが必要です。

2.会計処理が必要になる

経理については簿記の原則に基づいて処理する必要がありますので、知識を持った人を雇うか、場合によっては税理士等に代行をしてもらう必要が出てきます。なお、毎年必要な届出がありますので、こちらの届出も作成する必要が出てきます。

3.税務申告義務がある

法人として税金を納める義務が生じてきます。ただし、収益事業を行わない団体は、税務申告・税務署への届出も必要ありません。

4.財産の名義変更が必要

任意団体として今まで活動してきた場合、それまで所有してきた財産について名義変更をする必要があります。

メリットとデメリットをしっかりと比較して検討をしていきましょう

お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 建設業に強い行政書士 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.