競馬の春のクラシック路線は、牝馬「オークス」牡馬「ダービー」が終わり 6300頭の3歳馬の頂点が決まった。

今年は例年よりトップクラスのレベルが高い気がする。 牝馬は、残念ながら2強がオークスを怪我等で出走しなかったが、牡馬は2強が出そろった。1頭目は、ダービーを制した「マカヒキ」2頭目は、皐月賞を勝った「デイーマジェステイ」いずれもデイープインパクトの子にして、伝説の大種牡馬「サンデイサイレンス」の孫馬に充る。

そして前者は現在フランス競馬最高峰―凱旋門賞―へ挑戦すべく8月19日フランスへ出国し10月2日の本競馬に向けて準備中である。

その前哨戦の「ニエール賞」では、1番人気に応えて圧倒的な勝利を挙げた。

尚今年は、従来の「ロンシャン競馬場」改修工事中のため、「シャンテイ競馬場」で開催される。

シャンテイ城を望む風光明媚な競馬場であり、日本の東京競馬場に似たコースで有利の情報もある。

とまれ全世界から最強の馬が参加するレースで簡単に勝利はできない。

2006年父デイープインパクトが3着には入ったが、失格、その後2010年「ナカヤマフエスタ」2着、2012年「オルフェーブル」2着 どうしても勝ちきれない状態が続いている、  特筆すべきは、本年このレースから、海外馬券が発売開始になったことである。

但し当分は インターネット投票に限るが、楽しみが又増えた。

この記事を書いた人

ちむらかつはる

地元高校を卒業後名古屋市場第二部上場会社へ就職し主に経理の仕事をし、夜間の大学へ通い卒業、38歳で地元ゼネコンへ転職 主に開発営業をして定年退職を迎えました。

満60歳で行政書士登録開業し、現在に至っています。

千村捷春 – who has written posts on 愛知県建設業許可申請なら建設業界経験あり!経理、不動産に強い!! ちむら行政書士事務所.